お金を借りるのはダメ!節約方法

お金の節約方法

自動車の給油時に気を付けること

車

車に乗っている人にとっては生活必需品である燃料ですが、皆さんはどのようにしてガソリンを補給しているでしょうか。 車に乗っている人が、簡単にお金を節約するためにはガソリンを満タンにしない方がよいといえて、ガソリンを満タンにしない方が節約になる理由は、ひとつではなく色々な要因が絡んできます。

ガソリンは、車を走らせるためには必要な燃料ですが、ガソリンの重さも燃費に関係してくるということを考えたことがあるでしょうか。 車のガソリンの貯蔵量にもよりますが、タンクの大きさによっては子供一人分の重さになるようなことも珍しくなく、そうなると当然その分だけ燃費は悪くなってしまいます。

そのため、車の重量の観点から考えても、常に満タンで走っているよりかは、満タンの半分くらいの量で走っている方が燃費向上に繋がるというわけです。 また、ガソリンをはじめとした燃料全般にいえることが、値段が変動するということですが、ガソリンを半分くらいの給油に留めておくことによって、ガソリンが高い時と安い時の差が相殺されて平均化される可能性もあります。

これは、頻繁に車に乗っているような人はあまり関係ありませんが、車にあまり乗らず給油回数も少ないという人ならば、より購入コストが平均化される可能性があるのです。

購入コストの平均化

確実に安いとわかるような値段ならば、満タンにするのもよいかもしれませんが、そうでない場合はガソリンを半分ずつ入れるようにして購入コストの平均化に務めてみてはいかがでしょうか。

また、あまりに長期間車に乗らない期間があるような人は、満タンにして使わなかったガソリンが古くなって燃費低下の原因を作ることもありますので、お金の節約をするならば自らの車の利用状況に合わせた給油を考えてみるのもよいです。

このようにガソリンを満タンにしないことのメリットはいくつかあることがわかりましたが、特に重さによる燃費の部分はお金へ影響が大きいので、ぜひ実践してみるとよいでしょう。

・最新情報
  • 日本ハム 大谷 左足太もも裏に違和感で途中交代
  • マリナーズ岩隈 6回1失点も今シーズン初勝利ならず
  • 日銀 黒田総裁 金融緩和策を続ける考え強調
  • なでしこジャパン 熊本で復興支援の強化試合
  • バルセロナはユベントスに敗れる CL準々決勝第1戦
  • ヤクルトなどで活躍 BCリーグ福島の岩村が現役引退へ
  • 円相場 トランプ大統領発言で一時108円台後半に
  • NYダウ平均 130ドル余下落 米軍の大規模爆弾初使用で
  • 東芝 綱川社長が陳謝「このような結果となり誠に遺憾」
  • 東芝の半導体事業 米アップルが出資検討 少なくとも数千億円